読譜

ペース・メソッドでは、幼少の時から理論的に整理して、たとえ3歳であっても本人が理解できるように、そして感じる事が出来るように育てて行くので、小学3年生位までは楽々と進む事ができます。然し乍ら小学生高学年ともなると、やはり複雑な譜面を見ることになり少々面倒くさいなあ・・・と思っている人も見かけます。特に待つのが苦手な男の子!他の事は何でもいっぺんで出来ちゃう子!そういう子は、一々考えるのが面倒になりが...

クリスマスソング

昨年は、クリスマスソングのコードネームを見ながら、ミュージックデータの音楽に乗ってコードを弾いて楽しんだ人が多かったのですが、今年はレベル2位の進度の皆さんは、この本の中から7、8曲を弾いている人が多いです。ちょうどレベル2の内容にマッチしたアレンジになっていて、響きも綺麗なので喜んで弾いてくれています。普段の学びと練習が順調に進むと、このようなレパートリーも持たせてあげる事ができます。金子ピアノ教室...

恐竜博士が居りまして

恐竜が大好きな小学2年生のT君!先週のレッスンの時は、確か恐竜の小さな模様がセンス良くデザインされたトレーナーを着ていたような・・・それで、「ピアノを楽しむ会」の連弾なんですが、恐竜の曲はどうかと思っています。これが、9曲からなる組曲になっていて・・・モードやブルースの音階が使われていたり、マーチ・ガイヤルドというダンス・ララバイなど。精神的には、ちょっと大人で知的なユーモアのセンスを持ち合わせてい...

和声が分かるようになるレッスン

ペース・メソッド京都研究会から帰宅後、いつも通りレッスンしました。男の子が多いので、昔からクイズ形式で話しかけています。自分で考えるように仕向けたら、グイグイ話に入り込んできます。和声音と非和声音ってなんだったかな?えっと。。。あ~あ~、、あれあれ。。。ってな事で・・・漢字を見ると分かるでしょ?非和声音には、どんな種類があったっけ?・・経過音と?・・・刺繍音と?。。あ~刺繍音には上に行くのと、下に...

リズムの練習

前々から気になっていたカップス!リズムの練習として使います。先週あたりから、時間に余裕があるクラスのレッスンで問いかけて実践しています。別に全員にこれをさせるという様な事ではなく、興味を示したら動画を見せて一緒にやってみる感じです。みんなキャッキャッ言いながら、楽しんでいます。「ピアノを楽しむ会」でやっても良いし、出来ないかもしれないし・・・するなら会場全体が楽しめるようにしなければならないし・・...