ペース・メソッドでピアノを習う意義

ペース・メソッドでピアノを習う意義を、心底感じることの出来る時期はいつか!?それは、レベルⅢ以上のレベルになった時ではないかと思います。勿論、そこに至るまでのレベルのアプローチもそれはそれは素晴らしいです。モペット・キンダーの取り組みには、皆んなが感動するでしょう。レッスンが楽しい!皆んながそう感じるでしょう。レベルⅠはどうでしょうか?ペース・メソッドの指導者の先生方は、レベルⅠの内容がとても良くで...

はじめに

ペース・メソッドのレベル①からレベル⑥までの各テキストの1ページ目は、「はじめに」と題して大切なことが書かれています。昨日、レベル③に入った人がいて、一緒にこれを読んでみました。本当に大切なことが書かれていますから、生徒の皆さんも先生方も保護者の方も!皆さん、これを是非読んでみてください。「幼児用おんがくをはじめよう」と「音楽をはじめよう」の子供用のテキストには、「はじめに」はありません。指導者は、教...

小学生の頃の夢

4歳からピアノを習っていて、小学生になる頃にはスランプ。。。と言えば大袈裟だけれど、既に嫌な思いもいっぱい経験していました。小学1年生の時、学校の帰り道に一緒にピアノを習っていた2人の仲間に私が言いました。「お母さんがピアノ辞めてもいいって言ったから、辞めようかなあ。。。」すると、2人の仲間は言いました。「でもね!私達も辞めたいけど、やっぱり辞めないことにした!ネエーーー!」と言って2人は仲良く駆けて...

レベルⅠの学び方④

レベルⅠの学び方②で書いた【A】の作業【A】楽譜を眺めて予め分析し→弾き始めたら手元を見ないで目は楽譜に→頭で指に指令を送り→指で音を奏で→それを耳で聴き→心に感じる。この中の段階で行う事は、調判定と拍子、それにメロディの形の認識です。メロディの動きを「ドレミ」などと音の名前で読むのではなく、音符の上がり下がりを形として捉えるのです。同じ形が繰り返されているのか(繰り返しのパターン)、同じ形が上下にずれてい...

レベルⅠの学び方③

ペース・メソッド レベルⅠの26ページまでについてレベルⅠの学び方②で書きました。そこに書いた「各課題の文の内容に着目し【A】の作業を行う事」に加えて、当たり前で忘れてしまいそうなくらい重要な事は、全ての長音階(メジャー)の5音のポジションに、5本の指が正確に乗る事です。(レベルⅠ、指をきたえる 12ページ~15ページ参考)先ずは、この5音のポジションに指が乗っていないと【A】の作業が困難です。これらがしっかり出来...

レベルⅠの学び方②

ペース・メソッド レベルⅠでは、読譜力を開発して行く事が最も重要です。十分な読譜力が備わっていたら、弾きたい曲を弾くことが容易になり音楽がとても楽しいものとなります。読譜力と言っても、ただ単に「ドレミ」で楽譜が読めてそれを四苦八苦しながら鍵盤に指を使って移し替えていくと言うものではありません。レッスンでは、各課題の概念を多方面からアプローチして、音楽の醍醐味が感じられる面白い活動が行われていますか...

レベルⅠの学び方①

ペース・メソッドは、レベルⅠの学び方がとても大切です。こんなの簡単!…とばかりに全く練習しなかったり、音楽の構造を考えないで弾いてしまったり、レベルⅠの4冊を疎かにして併用曲ばかり難しいのを弾いていたりしてはいけません。ここには上級レベルに繋がる音楽の縮図が満載なのです。それが螺旋状に繋がり膨らみバッハやベートーヴェンや…レベルⅡへと進む事でショパンやドビュッシーにと繋がっていきます。レベルⅠを理想的な...

ペース・メソッド京都研究会

今日は、ペース・メソッド京都研究会でした。少し冬めいてきましたが、まだまだ寒い程ではありません。写真は、京阪「樟葉」駅のホームから淀川方面を見た眺めです。先日の合同研究会が、とても勉強になった事、また今後も合同研究会をしたいね・・とか話しながら、レベル4のテキストをしっかり進めました。金子ピアノ教室@樟葉...

ペース・メソッド研究会

昨日は、ペース・メソッド大阪中央研究会でした。最近は車で鴻池新田まで行っていますが、昨日は高速を使ったので快適でした。でも、よく知らない道を走ることが多いので、不安があります。集まっているメンバーの居住地もバラバラなので、来月からはライン通話を使って研究会を行う事にしました。これで全国どこからでも、自宅に居ながら参加できるようになります。長年使わせて貰った東大阪市中鴻池リージョンセンターの音楽室!...

多方面の音楽活動に役立つレッスン

昨日の記事に、ヴァイオリンを本格的に弾いているSさんのことを書きましたが、他にもヴァイオリンを本格的に弾いている方もレッスンに来られていて・・・と言うか、こちらは過去のことになりますが。1年半くらいレッスンに来られたのですが、お父様の急な転勤で昨年の12月に引っ越されてしまいました。あっという間の短いレッスン期間でしたが、ピアノの方も変わって来られた時は「小犬のワルツ」やソナチネを弾いていたのですが、...

ペース・メソッド京都研究会

今日は、ペース・メソッド京都研究会でした。レベル4を参加された先生方で、弾き合いました。京都の朝は、曇り今朝は、地震もあり・・小学6年生の男の子たちの情報によると、震源は京都南部で震度3だったとか・・・特に被害は無かったので良かったけれど。そんな事も話しながら、研究会後のレッスンも楽しく聴音したり、ブルーススケールのクエスチョンアンサーを楽しんだり、ブルースは伴奏のリズムを変えるといい感じでした。金...

ペース・メソッドワンディセミナー

5月17日(金)ペース・メソッドワンディセミナーがあります。ピアノの先生向けのセミナーです。ペース・メソッドに興味のある先生方は、ぜひお越しください。ペース・メソッドについてはこちらから金子ピアノ教室@樟葉...