5歳児のレッスン

今年の5月からレッスンを始めたので、ピアノ歴5ヶ月!
保育園年中さんのR君です。

大好きで、いつも真っ先に遊びたいのは「きりのけいほう」と「おひゃくしょうさん」


いつもは自由奔放にレッスンしているけれど、5線のことも鍵盤の名前も分かるようになってきました。

本来なら聴き取りに使うページですが、先ずは鍵盤の名前と楽譜を繋げて理解し、今回は楽譜を見て弾くと言う作業に使いました。

幼児は自由にのびのびと動くことが多いので、子供の興味に合わせた会話のやり取りの中で、最近はページをランダムに進めることが多いです。

大切なポイントさえ押さえていたら、その方がすんなりと本人の中に浸透していきます。

指導者側の思惑で、こちらの思うように動かそうとしても返って反発して何も学べないままにレッスンが終わってしまうのは無意味だと思うのです。

しかし、このような進め方をするにはテキストを熟知していることが必要で、私も指導経験が少ない頃は、気真面目に計画を立て、その通りに実践してその日のレッスン状態に一喜一憂!

落ち込んだり感動したりの繰り返しで、それでもめげずに日々日々準備し計画し・・・

その甲斐あって、今ではその頃よりは楽にレッスン出来ますが、まだまだこれからもレッスンを改良する余地ありで、まだまだ研究を続けます。


R君は、だいたいのところ「幼児用おんがくをはじめよう」の終わりまできているので、そろそろ次のテキスト「音楽をはじめよう」に入りたいと思っています。
最近「ゆびのれんしゅうをはじめよう」も併用し始め、益々これからの成長が楽しみです。


金子ピアノ教室@樟葉

追記
「きりのけいほう」の遊びで使う小道具 「カメさん」
教室の人気者です^_^