レッスンのひとこま

4月から年中さんになるYちゃん、習い始めてもうすぐ1年になります。

まずは、出席カードにお気に入りのシールを貼って!

「今日は本をぜーんぶここにおこう~」


「さっ!ピアノひこう~、指の練習の本が得意になったわ!」

この頃、音符の動きを見て弾くことがうまく出来るようになりました。


小学2年生のR君とY君。曲の構造がしっかり見えるようになり、メロディを変えて弾くこと(バリエーション)も上手になりました。
併用曲もお互いの演奏を聴きあって、ポイントすることもスムーズです。


レッスンの終わり頃、もうすぐ1年生になるK君が加わってリズムクラップです。

ステップは4分音符で、クラップは8分音符や2分音符・全音符など指定された色々な音符で!

K君は「僕はピアノを弾く方がいい!」と、じっと観察しています。
そう言えばR君やY君も、K君くらいの年齢の時はそうだったね!
でも今は、リズムクラップが大切だって分かったから面白がって楽しく取り組むことが出来ています。

この後、K君がピアノでマーチバスを弾いて私が和音を加え、その音楽に合わせてお兄さん方2人がリズムクラップしながら歩きました。

R君とY君が帰った後、K君はレベル1の4冊のテキストを1人でレッスンしました。




ほら!こんなに沢山のフラットやシャープの調号もキッチリ書けるでしょ!?

調号の学習は、まだ始まったばかり!
これから調号についても、もっともっと沢山のことを学びます。
この段階で、この年齢でこんなにキチンとはみ出さないで調号が書けるとは!
ちょっと驚きです。
今日は、幼稚園年少さんから小学2年生までのレッスンのほんの一部をご紹介しました。

金子ピアノ教室@樟葉

コメント

非公開コメント