読譜に役立つ音楽理論

ドビュッシーなど弾くようになると音程について理解していたら、とても読譜が楽になります。

「ゴリウォーグのケークウォーク」の楽譜↓

ペース・メソッドでは、使える音楽理論を教えます。
2度のように見えても異名同音では、3度に置き換えることが出来る。そうすると、同じ手の形のまま角度を少し変えるだけで弾けると分かり、確実に音が覚えられて弾くのが楽になります。

今日のレッスンで、「ゴリウォーグのケークウォーク」を弾いているMさんも「なるほど!」と納得!

良かったです。

金子ピアノ教室@樟葉

コメント

非公開コメント