ピアノを楽しむ会後記④(2024年)

今日は、平年並みの寒さだったとか!
天気予報で言っていました。

平年並み…と言われるとホッとします。
長期予報では、2月3月は高めの気温と聞いていて
また夏の暑さが早めにやってきたりしたら、嫌だなあ~
って思ってしまいます。

今日は平年並みかもしれないけれど、1月とは違う2月の空気を感じました。
早いところ、春先に行うべきページ(キンダーの「ふゆのあさ」)をしておかないと!…と思い、今日そのページを復習したレッスンもありました。

さてさて、アンケートです。


小学2年生からピアノを始めたMさん、とても理解が早くよく分かっているし、練習したらすぐに出来てしまいます。
いつも自信を持っていて下さいね。

「音楽は楽しむもの」「ピアノももちろん楽しむもの」ですね。
けれども、「ピアノを弾く」となると、すぐにはできないこともたくさんあるので、「楽しむ」に至るまでには、少しずつの我慢と努力の継続が必要ですね。

ポンと鳴った音!コロン!と転がった音を「面白い」「それだけで楽しい!」と思たら、ピアノは最初から楽しいものになります。
お家でピアノを弾くことが、「練習」ではなく「家族団欒」であればいいな!…と私は皆さんにそれを願っています。

Mさんもお母さんも、お気に入り曲については「こんな風に感じてくれていたのね!」と嬉しくなる感想でした。ありがとうございます。
これからもゆとりを持って、ピアノに触れて下さい。




いつも細やかなご感想をありがとうございます。
とても共感出来ることが、たくさんあります。

私がお話しさせて頂いたこと、パワーポイントで表示されていたこと、よく感じよく理解されて楽しんでくださって嬉しいです。
また明日からレッスン再開ですね。お待ちしています。


金子ピアノ教室@樟葉

コメント

非公開コメント