ピアノを楽しむ会後記⑤(2024年)

日本の復興ソング「東京ブギウギ」…今朝の朝ドラです。

そう!音楽は人の心を元気にしてくれますよね!

私も心が落ち着かない時や面倒な話に巻き込まれてしまった時などは、特にピアノに向かう事にしています。

人には、そんな風に「何かに向かうと気が晴れる!」…そういうものが必要ですね!

昔、やっぱり朝ドラですが「ゲゲゲの女房」…水木しげるの物語だった時、ドラマの中で水木しげるがスランプに陥った時?だったか…?必ずプラモデルのようなもの(凄く精密な)を作っていたのを覚えています。

あの気持ちは、今は本当によく分かります。
現実から逃げている訳ではなく、自分の心が冷静で居られるように、自分で心のバランスを取ろうとしていたのだと思います。

そして、自分の力や努力ではどうしようもない時は、敢えて他の事に没頭する時間を作る。

そうすると、おのずと冷静で居られるので事態が好転していくのです。

どんな時も冷静で穏やかに居られるということが、自分だけではなく周囲の皆んなを幸せにしてくれます。

ブギウギで戦後の日本人の心が明るくなったように、今復興を目指す方々、身近でも何か困難にぶつかっている方々が明るい気持ち、冷静な気持ちを取り戻せますように!

そして、皆さんの本来の力を存分に発揮できますように
いつ何時も、自分の持っている能力を存分に発揮出来ないのでは後悔が残りますから
どうか力を尽くせますように!



さて、ピアノを楽しむ会のアンケートです。

これで最後になります。



とってもたくさん弾きたい曲があるのですね!
それを全部弾けるように、積み重ねていきましょうね。

「練習の積み重ねが 結果、いいことが起こったので これからも積み重ねていきたいです」(写真の文中より抜粋)

これを小学3年生で言うことが出来るとは、これからの人生に於いてとても有益です。
これまで、ピアノを演奏する為に合理的で緻密な練習を積み重ねて成功してきた経験からくる言葉です。
今後の人生に於いて、どんな教科の学習にも応用できるし、何か困難にぶつかった時もピアノ練習の方式で乗り越えていくことが出来るでしょう。

お母さんも姉弟の性格や、日頃の音楽との関わり方をよく見ておられて、それぞれへの対応が素晴らしいですね。
これからもご家族で音楽を楽しんで下さい。
お家の中で、音楽を聴く習慣があったら、きっとその環境で流れている音楽を弾きたくなるし、弾けるようになるものです。

「夢のような1日だった」(写真文中より)
これぞ日常生活からのリフレッシュ!
こんなことがあると、また明日からの生活を頑張っていこうと思えますね。


お母さんも長い間ピアノを習っておられて、技術的なことが気になると思います。
私も技術的なこともたくさん言いますしね。
まず、どんなイメージの曲なのか…どんな音を出したらこの曲の良さを一番引き出せるのか…
そんなことを自分で考え、お家の方やペアレッスンの仲間と考え…
その出したい音を出すにはどうやって身体や手を使っていったら良いか!

まずは基本の形というものはマスターしておかなくてはいけないのですが、音楽は物語だという事を気に留めていくと自然に表情がついてくると思います。
そのフレーズで使われている和音、その和音はどんな気持ちになる和音なのか!その響きが表現してくれている内容は物語は何なのか!そんなことを感じられるようになると、テンポも安定してきたり、説得力が生まれたり、本人が満足出来る演奏になると思います。

お母さんが練習を聴いていて楽しかったと言ってくださることが、Aちゃんにとって一番幸せなことです。
そして、これからの上達の大きな助けとなるでしょう。

金子ピアノ教室@樟葉

コメント

非公開コメント