感慨深い一日・生活に活かされる音楽とは

朝ドラ「ブギウギ」の中の言葉

「音楽で人を勇気づけるとか日常を忘れさせるとか言っても、結局の所、それはゆとりのある人々の間でだけ可能な事であって、本当に切羽詰まった境遇の人々は、音楽を楽しむ余裕がない。音楽家は無力なものだ。人を音楽で救うことなど、出来るものではないと感じることが多い」という内容の場面がありました。

このような事は、音楽に携わる者であれば常に感じ考えさせられている事です。
今やっているレッスンが、「生徒の皆さんの生活の中でどのように活かされるのか、将来にどのような利益をもたらすのか」など、よく考えます。

その一方で、苦難に立ち向かい思い悩む中で「音楽を聴いて救われた。励まされた。支えられた」という人もたくさんいます。

さて、そんな事を朝から思いながらいる中で、お昼前には中学を卒業したばかりのK君のレッスン
夏のコンサートの曲が決まり、兄弟でする6手連弾の曲を紹介したりして終わりました。
K君とのレッスン歴の長さを思うと、感慨深いです。



午後からは、進学する大学が決まったM君が挨拶に来ました。

1人の人間としてすっかり独立している彼は、玄関先で「決まりました。受かりましたよ」というなり「どうする?少し弾く?」と私が声をかけるのを待たない位のタイミングで「はい、弾く」と言っていつも通りにレッスン室へ入って行きました。

「あ~~~!全然弾いていないのに、結構弾ける」…と言って、一通り曲を弾き

「今日は?レッスン無いんですか?」…と言って朝と夕方のレッスンについて尋ね、これまでの懐かしい話や卒業旅行に友達と広島に行った話をして

お土産に「広島お好み焼きせんべい」というお菓子を私に手渡し

「じゃあ、長い間ありがとうございました」と言って、帰って行きました。

なんと清々しく、屈託がなく、社会に目を向けていて、自分の判断でキチンと退室の挨拶まで出来る立派な大人なのでしょう。

これまでのレッスンのことを思うと、嬉しくて寂しくて
色々な想いが込み上げて来て、感慨深い一日でした。




ここ数年の私の生活はと言うと
両親が歳を取ったことにより、月に一度は必ず長距離運転をして帰省しています。
早くて3時間半の道のりを1人で運転する事もあり、最初はドキドキでした。

高速道路の道順をよく理解出来ていなかったので、それが不安でした。
けれども、それはまるで電車の路線図のような高速道路図を購入したことで解消!

運転自体は、元々好きなのであまり苦痛にはなりません。
それに日頃は、家の中で籠っていることばかりのピアノの先生業
広々とした景色を見ながらの運転は、ストレス解消になります。

もう一つ、車の運転が苦痛にならない理由は音楽です。
クラシック音楽を聴きながらの運転は、運転への集中力を高めてくれると私は思います。

特におすすめなのは、グレングールドが演奏するピアノ曲で、モーツァルトのピアノソナタ全集
同じモーツァルトでも、イングリットへブラーの演奏は運転には向かないと思います。

家の中で聞くのであれば、イングリットへブラーはおすすめです。特に幼少期や赤ちゃんにも部屋の中で小さめの音量でイングリットへブラーの弾くモーツァルトのピアノソナタを常に流してあげてほしいと思います。
きっと親子で心穏やかな時を過ごせるでしょう。

また、バッハもグレングールドのバッハは、運転するのにおすすめです。
最近は、「バッハ:パルティータ、プレリュード&フゲッタ集」というCDをよく運転時に聴いています。

モーツァルトよりもバッハの方が、もっと車の運転には集中できるかもしれません。
グレングールドの演奏でなくてはなりません。

他のピアニストの演奏と比べてみると良いと思いますが、グレングールドは切れ味が良いのです。
運転に向きます。

特にバッハは、時代的に言って長く伸ばす音がなく、常に音が動いているので聴き手の頭も常に回っている状態になります。



この数年の間には緊急事態が発生して、夜中に車で出発しなければいけない事もありました。

そんな時に持ち込んだCDは、ベートーヴェンのピアノソナタ全集です。
演奏は、バックハウス

ベートーヴェンのピアノソナタもグレングールドのを買ってみたのですが、これは今のところバックハウスの方を車の中では聴いています。

深刻な事態に直面している時は、ベートーヴェンの音楽は真面目で真剣なので勇気づけられます。
ベートーヴェン特有の「刻み」が、背中を押してくれるようです。

塞ぎ込んでしまいそうな気持ちを上向かせてくれたり、励ましてくれたり、慰めてくれたり、進め進めと追い立ててくれたり、正に様々な場面を聴かせてくれるので、全く退屈せずに運転する事が出来ます。





車の中ではポピュラーしか聴かないという方居られると思いますが、クラシック曲は和声の奥深さがポピュラーとは比べ物にならないくらい多彩で奥深いので、人の気持ちを常に揺さぶり続けてくれます。

変化に富んでいるし、次々と場面が展開していくので飽きることがありません。

私は、いつもこれらのCDのお陰で、遠距離の高速道路を飽きることなく楽しく長距離運転する事が出来ています。

金子ピアノ教室@樟葉

追記
睡眠不足と満腹時は、眠くなるのが当たり前です。
音楽では解消されませんから、十分な睡眠と腹八分目の状態で運転されますように


「強強打破」というドリンク剤も活用して、安全運転を心がけています。

これからも気をつけて運転しなくては!…といつも思っています。

コメント

非公開コメント