心地よい居場所

今日、2023年度の最終日です。

レッスン室の整理をしたり楽器店に楽譜を見に行ったりしました。

昨日 3月30日は、朝8:30から新高校一年生のレッスン


約1年ぶりに顔を合わせたら、全く雰囲気が変わっていて「道で会ったらわからないわ!」と話したものです。

次のレッスンも早速予約を頂き、高校生の新生活のリズムを整えようと努力している様子が伺えます。

夜には、いつも休みなくレッスンに来られる大人の方でKさんのレッスン

昼間は、やはりレッスンの準備をしたり、レッスン室の整理をしていました。

それでも、どちらもなかなか進まないものです。

先日、入室の面談に来られた大人の方で、初めてピアノを習われる方が入室されました。

火曜日からレッスンに入られます。

「唱歌を弾きたい」とのことで、とても楽しみにしています。

童謡や唱歌に触れる機会の少ない最近の子どもたちに、古くから慕われている情緒あふれる歌の数々を弾いて、紹介してくださるようになったら良いなぁ…と思っています。

私の教室が、皆さんの心地よい居場所になれたら良いと思います。

金子ピアノ教室@樟葉

追記
レッスン室は、素敵な空間であるべきだとは思うのですが、常に導入期のレッスンのための小道具やカード類、それに色々な年齢の皆さんの楽譜が山積みになってしまったり…
それでも、皆さんの心の中は音楽に集中できますように。
楽譜と楽器に触れることで、心に温もりと情熱と感動が溢れていきますように!

コメント

非公開コメント